2014年09月18日

ソフトバンクやdocomoからauへMNPする場合の違約金はいくら?

【まず考えないといけないのは機種の残債】

機種代金はもともとかなり高額です。スマホの機種代金は60000円程度、iphoneだと容量の大きいものでは80000円を超えてくる機種もあります。これらの機種代金は初回購入時に一括で支払うこともできますが、多くの場合分割払いを選択されることが多いでしょう。分割払いを選択した場合、毎月の支払いを割り引いてくれるサービスがどの携帯会社でも行われています。

例えば、MNPで他社からauのiphone6に乗り換える場合、毎月必要な機種代金の分割支払い代金が実質無料になります。

ソフトバンクやdocomoからauへMNPする場合の違約金はいくら?

とてもお得な毎月の割引ですが、もし2年間の分割払い中に解約したらどうなるのでしょうか?


【分割払い中の解約はどうなる?】

残りの支払い金額(残債)を支払う義務は残ります。ただし、一括払いする必要はなく、以降も分割にて支払い可能です。ここで、注意しなければならないのは、毎月の割引はなくなることです。

毎月2140円の分割払いが必要で、毎月2140円の割引があり、実質0円で購入していたiphone5の場合、2年の支払いを待たずに解約すると、残りの月数は2140円を割引なしに払い続けなければならなくなります

安易なMNPでの乗り換えは気を付けましょう。


【契約解除料は?】
契約解除月以外では9500円の契約解除料が必要になります。


以上より、違約金として必要なのは、残債+契約解除料となります。
posted by 新料金プラン比較 at 23:45| Comment(0) | 解約違約金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。